寺社

【新潟市】変わりダネの風鈴もいっぱい!2017年初開催、白山神社の「ねがいむすぶ 風鈴まつり」へ行ってきた

ねがいむすぶ 風鈴まつり

新潟市中央区の一番堀通町に鎮座する白山神社は、新潟県の有名観光名所です。白山さまとして地元の人からも親しまれています。

白山神社では2017年に新たなイベントが開催されているとご存じでしょうか?

そのイベントとは「ねがいむすぶ 風鈴まつり」です。期間は6月30日から7月18日までの初夏から夏。鎮座1300年にちなんで、境内には1,300個の風鈴が飾られているということで、記念すべき初開催の風鈴まつりを観賞しに白山神社に行ってきました!

鳥居をくぐって境内をテクテク進みつつ、随神門方面に向かいます。

鳥居

随神門に近づくにつれて「チリーン♪」と風情ある涼しげな音が耳に届きました。随神門にはびっしり色鮮やかな風鈴が!

風鈴

ブラウン、ブルー、グリーン、イエロー、パープル、オレンジ、全部で8種の風鈴がグラデーションのように並んでいます。柱に付いている黒い風鈴には、白山神社の社紋の三つ巴が印されていました。

随神門の風鈴は100を超えるであろう個数が吊るされ、風が吹くと圧倒的な見ごたえがあります。

風鈴

風鈴の下で風になびく短冊は「ねがいの短冊」というもので、初穂料を500円お納めして戴きます。こちらの短冊は、神社側でお願い事が成就するように祈祷とおはらいをしてもらえます。

随神門をくぐった先にある本殿です。

本殿

平日の日中ながらも参拝者が集まっていました。お参りを済ませてから、ほかの風鈴を見に行きます。

こちらは随神門そばに設けられていた「結びの座」。風鈴がコの字の台座に吊るされています。

結びの座

男女の仲をはじめビジネスなど、全般で良いご縁をもたらしてくださる菊理姫大神のご利益に授かれます。短冊には恋愛運アップや子宝に恵まれますようにとのお願い事が書かれていました。

ハートが刻印された風鈴を見つけると幸せになれるそうです。こちらでしょうか?

ハートが刻印された風鈴

その隣には日本の四季を風鈴で表現した「四季のアーチ」がありました。

四季のアーチ

四季のアーチは鳥居を模した台座に風鈴が所狭しと吊るされており、風が吹くと境内でひときわ大きな音色を響かせていました。それぞれの四季を表現した風鈴や変わりダネの風鈴を見つけたのでそれぞれ紹介します。

ビタミンカラーなので季節は夏。貝殻か帽子でしょうか?

変わった風鈴

こちらはピンクのブタさん。耳と鼻がちゃんと付いています。

ブタの風鈴

ナスと角度的に見えにくいですが柿です。野菜と果物のセットはカワイイですね!食欲の秋を表しているのでしょうか?奥に見えるのはスイカっぽいです。

野菜と果物の風鈴

この日の新潟市中央区は気温35度。溶けない雪だるまを発見!…本当に風鈴に見えないのでビックリです。

雪だるまの風鈴

これは紛れもなく食欲の秋のキノコですね。マッシュルームかしめじっぽいです。キノコの風鈴は珍しいですよね。

キノコの風鈴

風鈴は涼を招く夏の風物詩と思われていますが、実は魔除けの効果や開運を呼び寄せたりもするんですって!今回紹介した四季のアーチや結びの座で吊るされていた風鈴は、弥彦村のガラス工房「TAKU GLASS」が製造しています。購入もできるようなので、記念や思い出にもいいですね。

風鈴

また朱色の傘とイスが用意されている「浴衣撮影スペース」もあります。夏の装いでぜひ白山神社の風鈴まつりに訪れてみては?

浴衣撮影スペース

風鈴まつりは風流な気持ちになれる良いお祭りですね!それから今回白山神社では夏限定の御朱印が販売されていました。薄青の和紙の御朱印も涼しげです。

夏限定の御朱印

雪国新潟のイメージが強いですが、新潟の夏はゆだるような暑さです。熱中症や熱射病など体調不良には気を付けつつ、新潟観光と風鈴まつりをお楽しみください。

旅データ